イタリアへ行きたくなる!冷静と情熱のあいだ

2001年に公開された竹野内豊とケリー・チャンが主演の映画「冷静と情熱のあいだ(作品のタイトル)」は日本のほかに実際にイタリアで撮影された作品。イタリアのフィレンツェやミラノのきれいな街並みもこの映画の見どころの一つ。映画を観終わった後にイタリアに行ってみたいと思うはずです。ストーリーは純愛もので大学時代に付き合っていた順正とあおいがすれ違いから分かれてしまうのですが数年後イタリアで再会。しかし、その時もすれ違いのまま別れてしまいます。しかし、付き合っていたころに交わした10年後、30歳の誕生日にフィレンツェのドゥーモに一緒に行こうという約束を守り、来るかわからないあおいをドゥーモで待ちます。2人の繊細な心理描写や順正の一途な思い。あおいの揺れ動く心が丁寧に描かれた映画です。若かりし頃の篠原涼子やユースケ・サンタマリアといった今ではかなり有名な方々が出演しており、今では見ることが出来ない初々しい演技を見ることが出来ます。また、音楽も素敵でエンヤによる挿入歌や「篤姫」のテーマ曲も作曲した吉俣良さんの曲が映画にマッチしておりいつまでも聞いていたくなります。ストーリーや情景にぴったりの曲の数々、映画を観終わった後サウンドトラックを聞いて物思いに老けていたくなります。原作は女性視点を描いた江國香織さんのRossoと男性視点を描いた辻仁成さんのBluの2冊あり、映画で流れを知った後この原作を読むことで映画だけではわからない2人の気持ちを互いの視点から知ることが出来ます。映画も含め原作も読んでいただきたい作品です。